top of page

感染

タイトルにもありますように



8月に入って直ぐ

新型コロナウイルスに感染してしまいました

「トレーナー」という身でありながら

自分の健康管理を徹底出来ずにお客様にご迷惑をおかけする事となってしまいました

改めて、大変申し訳ありませんでした

幸いにも

症状の方は軽い方で済みまして

病院の方から指示された

発症日を0日として丸10日間の自宅待機期間内で

無事に体調も回復したので仕事の方には既に復帰しております

今日はこのブログという場を借りて

何の参考にもならないかもしれませんが

私の場合



という前置きのもと

今回の感染症状の事を少し書かせて頂きたいと思います

先ず、体調の異変を感じたのは

起床時の身体の「倦怠感」と「軽い喉の痛み」でした

検温したところ37.4度という微熱もありました

私の場合、運良く

その日の内に発熱外来を予約する事が出来たので

PCR検査を受けました(翌日に陽性判明)

喉の奥を見た瞬間に担当の先生からは

「喉の腫れ方的にかなり陽性の確率が高いです」

と言われました

どうやら今現在流行しているBA5の型は

喉の腫れ方に特徴があるそうです


ところが困った事に

これといった効き目のある特効薬が無いのがコロナウイルスの特徴の様で

処方された薬は

喉の「抗生剤」と「痛み止め」のみという事で

様子を見ながら自宅療養する事になりました

薬を飲んで食事をして寝て

というのをひたすら繰り返していたのですが

「微熱」と「軽い喉の痛み」は2日経っても症状が改善されませんでした

それどころか「熱」に関しては38度を超える事もあり

3日目の朝には遂に39度を超えました

この時に喉の痛みも「激痛」に変わり

あまりの痛さに夜中何度も目が覚めてしまい

「唾」や「水」を飲み込む事も出来ないほどでした

ただ

この症状がMAXで

この後、また水分摂取と睡眠を取ると

3日目のお昼には熱が36度台まで下がり

喉の痛みもそれほど感じる事もなく

不自由なく水を飲んだり食事をしたりする事が出来ました

しかしながら

ここからが厄介

3日目の昼で回復したかと思いきや

また熱が37度後半まで出たり

「鼻詰まり」や「痰の絡み」

がかなりしつこく長引きました

この「微熱」と「鼻詰まり&痰の絡み」

は結局

3日目から丸々10日間までずっと続きました

という訳で

今回の症状に関しまして



1番辛かったのは

「喉の痛み」

です

今まで風邪を引く事はあっても「激痛」で目が覚めるほど

「喉」をやられた事は無かったのでこれはかなりしんどかったです

そして次に

「微熱」と「鼻詰まり」が思いの外長引く

というところです

熱が下がり鼻詰まりや痰の絡みが無ければ

正直、自宅待機しながらでもやれる事はあるので

出来る事をやろうと思っていたのですが

しつこい症状があったので完治を優先させる事と

集中力がもたない事もあり

結局のところ

ひたすら寝ているしかありませんでした

10日間家に閉じ籠り寝ているだけ

というのも中々、しんどいですよ 笑

というわけで

改めて私の場合ですが

「喉の激痛」と「しつこく長引く」

という2つの症状が目立ちまして

幸いな事に軽症で済んだとはいえ

改めて今回の感染症を甘く見てはいけない

再度、対策の徹底をしなければならないと感じました

ちなみに

都内で一人暮らしの私が

10日間外出せずになんとか凌げたのは

自宅療養サポートセンター

通称「うちサポ」のおかげでございます

ネットから簡単な情報(住所や名前、検査した医療機関名)

を入力するだけで

配食サービスを受ける事が出来ます

1週間分ほどの軽食が届くのかと想像していましたが

なんと!

段ボール2箱分パンパン!に詰め込まれた食糧が届きました!

スポーツドリンクにゼリー飲料

お米、うどん、パスタに

缶詰めやレトルト食品におやつバーなどなど

ハッキリ言って1か月凌げる量でした

そういった環境に感謝しつつも

もう2度と感染する事のないように

対策の方を徹底していきたいと思います


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page