top of page

謝罪2

以前に

「謝罪」

というタイトルでブログ書かせて頂きました

散々、ボディメイクは見た目が全て!

と主張していた男が

体重計を買ったからです

体重を数値化し

体脂肪率を数値化し

気にし始めるという愚行に出たからです

しかしながら

そこには言い訳も勿論あって

フルマラソン4時間切りする為に

「ベスト体重」は一体何キロなのか把握したい!

という理由があっての体重計購入でした

なので

ボディメイクは見た目が全て!

という持論に変わりはありません

数字を追いかけるダイエット

数字を追いかけるボディメイクを

私はしません

体脂肪率がアテにならない理由なんかも書いてありますので

良かったら

「謝罪」ブログ見返してみてください

そんな中、遂にアクアラインマラソン本番まで1週間を切りました!



実は本番1ヶ月前にリハーサルで30キロ走を行い




4時間切りの目安である1キロ5分41秒ペースよりも少し早めの



5分30秒でまとめてみました





平坦な道という事も加味してこのペースで余裕があれば大丈夫かなという感覚です



ゼッケンや参加賞のTシャツも届きましたーー


テンション爆上がり中です!!!!





本番用のシューズも新調しました 笑


はい!私見た目から入るタイプです 笑


NIKE ズームフライ4


マラソントップランナーの方々が履かれるタイプの物よりは


2ランクぐらい下のモデルですが


いわゆる厚底シューズに部類されるレースでタイムを狙う人用です


この相棒と一緒に本番は木更津の地を爆走したいと思います



アイテムばかりになってしまいましたが



肝心のトレーニングも10月は充実させましたよ 笑




テーマは「疲労回復しながらも筋力は落とさない」


です!


月間走行距離は100キロほどに減らしました






その代わりにペースは早めの設定で




10キロほどのランを数回





更にペースを上げて5キロラン




このように疲労を抜く為に距離は短くするけども


ペースは上げる事によって筋力は落とさない作戦です



そして!

肝心のフルマラソン4時間切りする為の

「ベスト体重」


こちらも遂に



仕上がりました

誰トクか全く分かりませんが 笑

ズバリ!

私の走れるベスト体重は

「61kg」



です!

特に何のオチもありませんでした 笑

これは2度目の謝罪ですね 笑

そもそも身長169㌢の私が

絶好調で走れる体重

そんなもんですよね 笑

良く言われる身長マイナス105

というのがベスト体重だよと

ポジションにより多少の誤差はありますが

大体、プロのサッカー選手もそれぐらいのウエイトだと思います

90分走り切るには重過ぎると話になりませんからね

世界レベルのマラソンランナーになるともう少し絞れた体重になるのかと思いますが

あくまでも私は一般人ですので

絞り過ぎても

少し身体が「パーソナルトレーナー」っぽくならないほど

絞れてしまいます

ちなみに

1番絞った時期(7月末)には

60kg台まで落とし

体脂肪率は5%台でした


身体は軽いのですが

距離を重ねると少し脚が動かなくなってくる感覚がありまして

単純に食べなさ過ぎ

絞り過ぎだったのかなと

極め付けは

そのタイミングで

コロナ感染しました

やはり体脂肪の落とし過ぎは免疫力の低下も招きますので

何の為のフルマラソン挑戦なのか⁉︎

「健康」

からかけ離れた食生活や身体になってしまっては

意味がありませんからね

というわけで

「健康的で」

「走る事に最も適している」

ベスト体重が

「61kg」

という事が判明しました(体脂肪率は7~9%)


身長169㌢


体重61キロ


体脂肪率7%の体


こんな感じです






ものすご~く面倒くさい遠回りをして

結局

初めの位置に戻った様な実感がありますが 笑

あの「イチローさん」も引退会見で仰ってました

目標達成の為には遠回りする事、それが一番の近道だと

「イチローさん」が言っていたとなれば

急に説得力が出ますね 笑

何を言うかではなくて

誰が言うかなんですね 笑

というわけで

遠回りしましたが

自分の「ベスト体重」が明確になったので

本番までの1週間はトレーニングをほぼ行わない分、食事管理をしながら

体重をキープしてコンディション調整していきたいと思います

ちなみに!

本当は体脂肪率も10%を切ってしまうと

免疫力は若干低下します

24時間耐久ツールドフランスなんかの

自転車選手は本番までの1週間は

無菌室で睡眠を取るそうです

それほど余分な脂肪などを削ぎ落とし

その代償として免疫力を失っていますので

風邪をひかない様に徹底されるのです

プロのトップアスリートは

パフォーマンスに特化した身体であり

必ずしも「健康」か⁉︎と言えばそうでない事もあります

なので

一般的に男性であれば15%

女性であれば20%ぐらいの

体脂肪率が免疫力も充分で

普段の食事量も適度かなと私は思ってます

(実際のお客様にもそう伝えております)

最後は少し

トレーナーらしく

情報提供もさせ